日帰りバスツアー【料金を安く抑える旅行の秘訣はバス】

利用するユーザー像

実用やレジャーのための利用者が一定数存在していました

高速バスは、鉄道の夜行列車の廃止などをうけ、夜行バスという形で発展してきました。高速道路網の整備により、高速道路を利用することで早さを確保することができるようになりました。高速バスは鉄道や飛行機に比べ運賃が安いということで一定に利用客が存在しています。バブル後は高速バスは一時低迷しますが、各地の空港と主要都市を結ぶ足として需要が高まっています。また観光会社が計画した観光バスツアーが人気となりました。高速バスで深夜に運行されるものは、目的の観光地まで乗り換えなしで、寝ているうちつくことができ、時間を有効に使うことができます。 高速バスは法律の整備により、バス会社による安全管理が厳しくなり、乗務員の激務も解消され、より安全で快適なものになってきました。

路線の数も多くなり高速バスは発展しています

高速バスは運賃の安さから、鉄道や飛行機と競合し、一定の顧客を確保しています。また鉄道や飛行機と違い、温泉地やスキー場などの目的地に乗り換えなしで直接行くことができることも人気の一つです。 高速バスはバスの内装をより快適に、より豪華にすることによって、幅広い層にアピールしています。トイレ付は当然ですが、個室風にカーテンで仕切ることができたり、リクライニングで寝心地のいい座席など、様々な工夫を凝らしています。 高速バスは、高齢化社会で高齢者が旅行を楽しむ場合にも、乗り換えがいらず、目的地に直接いけるという利便性があります。また車の運転をしなくてすみ、車窓の景色を楽しみながら旅行ができるという点もアピールポイントになっています。 高速バスは、夜行バスも含め、安全性が高くなり、目的地別に細かい路線が多くなり、今後も利用者が増えるものと思われます。